2006年05月19日

第2期めろんリーグ・最終結果

Aリーグ

優勝 甲州 +378.1
2  五島 +249.1
3  佐竹 ▲ 1.5
4  野口 ▲ 45.7
5  深井 ▲ 96.7
6  佐藤健▲100.2
7  後藤 ▲330.9
8  平山  途中休場


Bリーグ

優勝 井上 +229.6
2  姫  +225.7
3  向井 +124.7
4  新井洋+ 71.9
5  坂井 + 46.2
6  村上 + 38.0
7  丸岡 + 37.8
8  増田 + 29.8
9  渡辺 + 3.8
10 新井健▲ 5.3
11 吉崎義▲ 54.7
12 伊沢 ▲107.3
13 小川 ▲138.7
14 マスタ▲139.4
15 浅見 ▲377.8
16 吉崎大 途中休場


以上のように確定しました。

Aリーグは甲州・五島の二人に、
プラスを全て持って行かれる、という醜態ぶり。


20回を戦って優勝を目指す、という所を考えて、
トータル首位を苦しめる、という戦い方が必要だと思う。

一回一回清算の麻雀なら、ただひたすら自分の有利な打牌でいいが、
こういう戦いでは、首位をさらに逃がさないように、
他、3人が少しづつ我慢し合って戦いをするべきだと思う。

「そんな事言って、自分が1番被害を食ったらヤダ」
という理屈で皆好き勝手やると、
結局ポイント的に余裕のある者(首位者)が有利になるだろう。
(制約が無い分好きに打てるので)


とは言っても今回は、8人中3人降級という事だったので、
4・5位くらいでそんな事言ってられなかったのも事実。
私も、2節目で▲180pの時に既に残留しか見ていなかった。

そういう意味で、今回Aリーグの降級を無くし、
次回12名にしたのは第3期の戦いを面白くするだろう。


Bリーグの昇級は5位の坂井まで。(Aの平山が退会の為)

最終節、姫が+130p叩いたが一歩及ばず、
優勝は“井上”、まさに大穴万馬券であるwww

最終節、共に+130.9pだった坂井と丸岡が、
坂井▲84.7、丸岡▲93.1と大乱調。
二人とも昇級を諦めただろうが、坂井はギリギリボーダーに残った。

めろんのエース向井君も、危なげなく昇級。
最初から「昇級するだろう」と書いたが、
それをキッチリやって行く事によって周囲の評価も得る事が出来る。
今回きちんと昇級した事によって、
私の向井君への評価は、また上がった。

※しかし、「Aでも、俺がマイナス背負う事は無いね」発言は、
 私を刺激しましたよw


途中休場者が2名出てしまったが一応無事終了しました。

皆さん、お疲れさまでした。

第3期も、単に漠然と打つのではなく、それぞれ目標や課題を設定し、
少しでもレベルアップするように頑張りましょう。

posted by 佐竹孝司(豪運王) at 21:42| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | めろんの会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんか、佐竹さんと向井君のビッグマウスキャラ、かぶってない?w
Posted by めろん姫 at 2006年05月19日 22:00
ビッグマウス?は小川君の
「リーグ戦40pしか浮けなかったッスよ」だな。

俺も、デビュー当時はそんな事言ってたなw


向井君のは自信の表れ。

私のは事実をそのまま・・・以下略w
Posted by 佐竹 at 2006年05月20日 00:44
佐竹さんはビッグマウスあーんどチキンハートがウリですからね。

しかし、この成績、まさに20回では運9割ってところなんでしょうね。
今後、回を重ねるごとに実力が出てくるのではないでしょうか。
Posted by X at 2006年05月23日 09:31
いえいえ、ハートの方は鍛えて頂きましたからね、かなり強くなってますよ。
しかし、一日の負けが20Pを超えると、いまだにメロメロ状態ですが。

リーグ戦や短期の大会は、その区切りを1勝負として、
何回、何十回、とやることで正確に近い実力評価が出来ますからね。
Posted by 佐竹 at 2006年05月23日 09:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック